スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kushiro Marshland 釧路湿原 交響的音画 / Akira Ifukube 伊福部昭

akira_ifukube_kushiro_marshland_01_small.png

「釧路湿原」は、ラムサール条約第5回締約国会議が釧路市で開かれることを記念して委嘱されたもので、1993年に発表された。伊福部昭は2006年2月8日に没したので、まさに晩年の作品である。そして伊福部昭が生まれたのも、当時は釧路町といった北海道釧路市である。故郷への思いを込めた渾身の作品だ。

おそらく伊福部昭は、この作品のすさまじいエネルギーを注いだに違いない。しかし、ここで聴くことができる曲は、どれも地味である。穏やかに始まり、穏やかに終わる。激しい盛り上がりをみせるような派手な部分はない。ひたすらゆっくりと。まさに自然の大きなうねりそのままに、おおきく揺れるように展開する。

「日本狂詩曲」や「リトミカ・オスティナータ」など伊福部昭の代表曲には共通点がある。土着的で汗がほとばしるような肉体的な感動がある。その最も肉体的な力強さを、わかりやすく大衆的に表現したものが映画「ゴジラ」のテーマソングであり、「SF交響ファンタジー」である。しかし、この「釧路湿原」では、伊福部昭の得意とするリズミカルな躍動感はない。ひたすら静かに脈打っている。

しかし、そのゆっくりと脈打ちうねる旋律は、伊福部昭がこだわったオステナートの力がみなぎっている。テンポは遅いが、執拗に繰り返されるフレーズは、じわじわと心の中に染み込んでくる。第1楽章「夏」にはじまり、「秋」「冬」「春」と四季を綴る4つの楽章を、すべて聴きとおしても30分ほどと短い曲である。うっかりすると、曲が終わったことも気づかないように、静かに終わる。だからこそ、深い余韻が残るのだ。何度か聴けば、もう、心の中に旋律が深く、深く刻まれる。

このCDはfontecから1994年に発売された。演奏は新星日本交響楽団、指揮は大友直人。日本盤だ。(20070131/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

yoc

Author:yoc
1998年から「カルト・ミュージック・コレクション」というWebサイトを始めた。これを2006年12月からblogの形で再開することにした。音楽を心から愛する者のために、俺は書く!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索