Butterflies and Birds of Paradise, Etudes and Polkas, Borova / Bohuslav Martinu

bohuslav_martinu_piano_works_vol2_small.png

このアルバムを手に入れるまでは、ボフスラフ・マルチヌーの名前を知らなかった。たまたまCD店で見かけたこのCDを、何故か気になって買ったことで、初めてボフスラフ・マルチヌーの世界に出会ったのだ。一度聴いてすぐに気に入った。

ボフスラフ・マルチヌーは1890年12月8日、当時のボヘミア、現チェコ共和国のポリチカという町で生まれた。幼少期はプラハ音楽院で学び、1923年からパリへ移り、パリではフランス六人組やストラヴィンスキーなどの影響を受けたという。1941年にナチスから逃れるためアメリカに移り、数多くの作曲活動が開花する。そして1953年にはヨーロッパに戻り、1958年に胃癌で亡くなるまでヨーロッパで過ごしたとのことだ。

このCDには「Etudes and Polkas」、「Butterflies and Birds of Paradise」そして「Borova」が収められている。きらびやかに変化する曲は、あるときはドビュッシーのような印象派的な香りがし、またあるときはエリック・サティのようなユーモアを感じ、またモーツアルトやシューベルトのような古典的な印象を受けたり、ある瞬間では非常に技巧的であったりドラマチックであったりする。作者も、この変化を楽しみながら作曲したのではないだろうか。

ボフスラフ・マルチヌーは近代の作曲家としては多作家の部類に入り、6つの交響曲、30曲近くの協奏曲、11作のオペラなどを作曲した。NAXOSにも多くの作品がCD化されているので、入手しやすいものから順番に聴いてみようと思う。

このCDは2004年にTudor Recording AGから発売されたものだ。Tudor Recording AGはスイスのチューリッヒにあるレーベルのようで、このCDはMade in EUとなっている。(20070201/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
スポンサーサイト



COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

yoc

Author:yoc
1998年から「カルト・ミュージック・コレクション」というWebサイトを始めた。これを2006年12月からblogの形で再開することにした。音楽を心から愛する者のために、俺は書く!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索