Visse Vejrdage, Seven Postludes / Sven Erik Werner

sven_erik_werner_visse_vejrdage_seven_postludes_small.png

楽器の構成がおもしろい。Anne-Lise Gabold(recitation)は朗読。そしてJeanette Balland(saxophones)、Frans Hansen(percussion)、Jens E. Christensen(organ)の4人による演奏。朗読は曲とは異なるので、実質はオルガンとパーカッション、サキソフォンの3つによる曲である。

Visse VejrdageはVilly Sorensenの詩をGaye Kynochが翻訳したものとある。第1楽章はオルガンとパーカッション、サキソフォンによる3重奏で始まり、第2楽章は詩の朗読、第3楽章はサキソフォンとパーカッションの2重奏、そして第4楽章はふたたび詩の朗読、といった具合に、楽曲と詩の朗読が交互に繰り返される形をとっている。

朗読のパートは全部で5つあるのだが、ドイツ語であるので内容はわからない。しかしドイツ語と英語のテキストがCDについている。そこで楽曲のところを中心に聴くのだが、アラビア風のメロディーが使われるなど、その雰囲気は独特である。

Seven Postludesはオルガン独奏の曲であり、全部で7つの楽章に分かれている。どの楽章も短く作ってあり、トータルで15分35秒という曲であるが、現代音楽でオルガン曲は聴いたことがなかったので、新鮮であった。オルガンの音はどう弾かれても神々しく思えるものだが、やはりここでは大胆に現代風の奏法を聴くことができる。

録音は2003年10月にコペンハーゲンのOur Saviour's Churchで行われた。このCDは2004年にKontrapunktから発売されたデンマーク盤だ。(20070203/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
スポンサーサイト



COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

yoc

Author:yoc
1998年から「カルト・ミュージック・コレクション」というWebサイトを始めた。これを2006年12月からblogの形で再開することにした。音楽を心から愛する者のために、俺は書く!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索