Complete Piano Music, Vol.1 / Manuel Blancafort

manuel_blancafort_complete_piano_music_vol1_small.png

カタルーニャ州は、州都をバルセロナ市を擁するスペイン北東部の州。カタラン語という独自の公用語を使い、カタラン地方とも呼ばれ、歴史的にスペイン中部のカスティーリャ地方とは異なる文化を持っている。マヌエル・ブランカフォートは、そのカタルーニャで自動ピアノの一種であるピアノラ製造工場を所有している家族のもとで成長し、愛国主義的な音楽を作曲した。

やさしい音楽である。マニュエルブランカフォートは青年時代にモンポウに会って大きな影響を受けた、とのことだが、確かにその音楽はモンポウと通じるものがある。あるいはまた、エリック・サティのようでもある。素朴な作風の中に印象的なメロディーが息づいている。どの曲も、奇をてらうことなく、それでいて一度聴いたら心に深く染み込んで忘れられない。不思議なくらいである。

このCDはNAXOSのスパニッシュ・クラシックスと銘打たれたシリーズの一枚で、ブランカフォートのピアノ音楽全集第1集である。収められいるのは7曲の「青春の小品」、9曲の「山の歌」、8曲の「過ぎ去りし日々の覚え書」、そして13曲の「12の歌」の合計37曲である。ちなみに「12の歌」が13曲でできているのは、うち1曲が「1st version」と「2nd version」に分かれているためである。

現時点でNAXOSからはブランカフォートのピアノ作品集が1集から3集まで出ている。このような地味であるが素晴らしい音楽を、手頃な価格で手に入れることができるNAXOSのシリーズは素晴らしい。またNAXOSは音楽を表現する言葉もうまい。CDについている日本語の紹介文を読むと、一刻も早くこの音楽を聴かなければ、といった気持ちにさせられる。

録音は2002年11月、スペイン、ハフレ、オーディトリウムで行われた。ピアノはミケル・ビリャルバ。2003年9月にNAXOSから発売されたE.C.盤のCDだ。(20070302/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
スポンサーサイト



COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

yoc

Author:yoc
1998年から「カルト・ミュージック・コレクション」というWebサイトを始めた。これを2006年12月からblogの形で再開することにした。音楽を心から愛する者のために、俺は書く!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索