スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Greatest Hits Live in Concert / Ian Gillan

ian_gillan_greatest_hits_live_in_concert_small.png

はじめてこのCDを手にしたとき、実はあまり期待できないと思った。スリーブはいかにもファン向けといった安易なデザインであり、しかも紙一枚だけで詳細が全くわからない。だいたい「グレーテスト・ヒッツ」というタイトルが怪しい。ところが聴いてみると、これはたいへん良いライブ録音の記録だった。

録音の質は、オフィシャルアルバムにできるほどではないが、かなり良いできである。ミキシング卓のライン撮りではないが、ポータブルレコーダーでこっそりと録音したものではなく、おそらくちゃんとマイクを立てて撮ったものと思われる。会場のサイズはかなり大きめで、ホールの残響などが自然な感じで入っている。

「スモーク・オン・ザ・ウォーター」、「チャイルド・イン・タイム」、「ウマン・フロム・トーキョー」というディープ・パープル時代の名曲から始まり、「クリアー・エアー・タービュランス」、「フューチャー・ショック」、「マネー・レンダー」、「アンチェイン・ユア・ブレイン」、「テイク・ア・ホールド・オブ・ユアセルフ」、「ツイン・エクゾーステッド」、「ローラー」、「オン・ザ・ロックス」、「スリーピング・オン・ザ・ジョブ」、「ルーシール」、そして「パープル・スカイ」と全部で14曲、67分のライブが楽しめる。

演奏はたいへん安定したもので、まさに王者の風格を感じさせる。逆に遊びの部分が少なく、手慣れたクールな演奏という感じがする。この録音に関しては、ただ「Recorded live at the Reading Rock Festival(BBC in concert) in 1979 & 1980」とだけ書かれている。両年のレディング・フェスティバルから良いものを集めたものだろうか。しかしいくつかのトラックは、どうやらライブ録音ではないものも混じっており、やや怪しいところもある。

ジャケットのイアン・ギランはとてもかっこいい。Autarc Media GmbHのライセンス下で、EURO TRENDから発売されたものだ。(20070404/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

yoc

Author:yoc
1998年から「カルト・ミュージック・コレクション」というWebサイトを始めた。これを2006年12月からblogの形で再開することにした。音楽を心から愛する者のために、俺は書く!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索