The Frank Cunimondo Trio Introducing Lynn Marino / THE FRANK CUNIMONDO TRIO

the_frank_cunimondo_trio_introducing_lynn_marino_small.png

フランク・カニモンドとリン・マリノのことを知ったのは、あるジャズのコンピレーションCDからだった。このコンピレーションCDを手に入れたのも偶然で、たまたま放出セールをやっていたWebのCDショップで、気まぐれに100円の値段がついたものを何枚か購入した中にあった。そのCDには、独特のハスキーな女性ボーカルの軽快な曲、一度聴いたらもう忘れることはできない魅力的な曲があった。それが「フィーリン・グッド」だった。

このコンピレーションCDで聴くまではフランク・カニモンドという名前を知らなかったが、有名なジャズ・ピアニストらしい。アメリカ、ペンシルバニア州のピッツバーグで生まれ、6歳の頃からクラシックピアノを習い始め、後にジャズピアノを弾くようになる。すでに10代前半で、ピッツバーグ周辺のクラブでジャズピアノを弾くようになる。19歳のときには、アトランティックシティーやマイアミなど多くの都市をツアーした。ピッツバーグでは有名なクロフォード・グリルというクラブでよく演奏した。また若きジョージ・ベンソンともステージをよく共にしたという。

またフランク・カニモンドはジャズピアノの教師としてのキャリアもある。デュケーヌ大学やピッツバーグ大学、カーネギー・メロン大学で教えたそうだ。また1980年代には「Cunimondo's Keyboard Jazz Supper Club」というクラブをピッツバーグでもっていた。1989年にはピッツバーグで「ベスト・ジャズピアニスト」に選ばれた。

一方で魅惑的なボーカルを聴かせてくれるリン・マリノについては詳しいことがわからない。物憂げに、気だるく、甘えたような幼い声は他にたとえようのない魅力がある。このCDにある簡単な解説によると、この録音の当時リン・マリノは19歳であったそうだ。CDの帯には「ピッツバーグが生んだ『もうひとりのブロッサム・ディアリー』の知られざる名唱が、いま蘇る」とある。だがブロッサム・ディアリーほどの素人くささはない。

俺が夢中になった「フィーリン・グッド」はもちろん、他にも素晴らしい曲がたくさんある。「フィーリン・グッド」はフランク・カニモンドのオリジナルではなく「Bricusse / Newley」のクレジットがある。このCDでは一曲目の「ラブ・ソー・ファイン」だけがフランク・カニモンドのオリジナルだ。この曲もいい。

このCDは2000年にサウンドヒルズレコードから発売された日本盤だ。録音は1960年代末、ピッツバーグ、とだけ、ある。(20070501/yoc/カルト・ミュージック・コレクション)
スポンサーサイト



COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
このコメントは管理者の承認待ちです
  • #
  • 2009.11.21(Sat)
  • Edit

プロフィール

yoc

Author:yoc
1998年から「カルト・ミュージック・コレクション」というWebサイトを始めた。これを2006年12月からblogの形で再開することにした。音楽を心から愛する者のために、俺は書く!

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索